かわいいをあつめる。

デレステ、おえかき、日々のこととかわいいものを中心に。

甘くて苦い日常ミステリー。『夏期限定トロピカルパフェ事件』感想。

f:id:shirokumamelon:20170926130249j:plain

 

はてなブログ 今週のお題は「読書の秋」という事で、ちょっぴり季節はずれなタイトルの日常ミステリー小説のご紹介です。

 

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

 

  

※ 以下、ねたばれ注意でございます! ※

 

 

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

 

 

夏期限定トロピカルパフェ事件  (米澤穂信)

f:id:shirokumamelon:20170926132619j:plain

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

 

アニメ・実写化もされた<古典部シリーズ>「氷菓 」でおなじみ、日常ミステリの名手・米澤穂信さんの作品。<小市民シリーズ>の第二作目となります。

 

 

折木奉太郎と千反田えるたそが活躍する古典部シリーズ。

 

 めっちゃかわいい 、アニメ「氷菓」ED曲。わたし、気になります!

君にまつわるミステリー

君にまつわるミステリー

  • 千反田える(CV.佐藤聡美)&伊原摩耶花(CV.茅野愛衣)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

2017年11月3日に実写映画化されるみたいですよ!

hyouka-movie.jp

 

 

 

小鳩君と小佐内さんが活躍する<小市民シリーズ>

学時代に問題事を推理したがる性格で苦い経験をした高校生・小鳩常悟朗と、常吾朗と似た境遇を送った同級生の小佐内ゆきの、「小市民」を目指すために互恵関係を結んだコンビが、平和な高校生活を求めながらも日常の中で発生した事件の謎に挑む様を描く。

引用:〈小市民〉シリーズ - Wikipedia

 

探偵役・小鳩君と甘いものが大好きな参謀・小佐内さんの恋愛関係でも依存関係でもない、自分の内面を隠してひっとりと暮らす互恵関係のふたりが日常の中で起こる謎や事件を解決していくよ!というお話。ちょっと特殊?なバディものになるのかな?

 

ちなみに互恵関係とは、互いに利益を得る・または利益を与え合う関係、いわゆる戦略的パートナーシップとのことだそうです。

 

 

短編としても高いクオリティ!第1章 『 シャルロットだけはぼくのもの』

この物語の軸となるのが<小佐内スイーツセレクション・夏>と題された街のお菓子屋さん巡り。互恵関係の協力体制は学校だけでよいのに、夏休みになぜかわざわざ小佐内さんのスイーツ行脚に付き合わされることとなった小鳩君。

 

第1章は、小佐内さんにおつかいを頼まれ買ってきたシャルロット(というケーキ)を、あまりの美味しさのあまり一個多く食べてしまい、その事実を小佐内さんから隠蔽する為にあれこれ策をめぐらせるというお話。

 

f:id:shirokumamelon:20170926141013j:plain

 

小佐内さんはきっとこのシャルロットが絶品であることを事前に知っていたはずだ。しかも、ぼくが一人二つずつ買ってくると思っている。実際小佐内さんの分は二つあるのに、一つを横取りしてしまうなんて……。 

小佐内さんに、こう思い込ませるのだ。……シャルロットは、最初から二つしかなかった、と。

引用: 夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

 

最初は三つあったシャルロット、隠蔽するための鍵はケーキをくるんでいたフィルムと受け皿コーヒー麦茶、部屋にあったボックスティッシュ真夏の温度

 

さて。何をどうすれば、小佐内さんの目を、それも甘いものが絡んだ小佐内さんの目を盗むことができるだろう?

引用: 夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

 

人がお亡くなりになったり、犯罪やらなんやらの大事件!なわけではないのですが、日常の中で起こるちょっとした心理戦が絶妙におもしろく、短編として読んでも読後すっきりで楽しめるかとおもいます。

 

小鳩君の甘美なたくらみと、その結末はぜひ書籍でお楽しみください!

 

  

 

片山若子さんの描く カバーイラストのかわいさ

f:id:shirokumamelon:20170926132257j:plain

 夏期限定トロピカルパフェ事件  を手に取るきっかけとなったのが、カバーイラストのかわいさでした。かわいいのに無表情、すこしさみしい感じのするイラストがとても魅力的なイラストレーターさんだと思います。

 

小市民シリーズをはじめとする創元推理文庫、星新一さんのショートショートなど様々な小説の装画を担当されています。

 

片山若子さんイラストサイト :渋皮栗

 

 

 

感想まとめ

氷菓、そして小市民シリーズを読んで最初に思ったのは、人が死なないミステリーっていいなでした。メインストーリーは大きな事件でそちらにも十分引き込まれるのですが、高校生のふたりが送る日々の生活の中に潜んでいる日常の中のちょっとした謎解き駆け引き・心理戦がまた最高におもしろいのです。

 

ただ、こちらの小市民シリーズを読む際にご注意していただきたいのは、読んでいると無性に甘いものが食べたくなるという事なので読書のお供においしいものをご用意してから挑まれることをおすすめいたします。

 

 

シャルロットめっちゃ食べたくなる…!

 

秋にぴったりなこちらのタイトル。冬期限定もお待ちしております。

 

 

おまけ:インシテミル

米澤穂信さんのミステリーでおすすめな作品をもう1点ご紹介。

こちらは本格ミステリーで人がばっさばっさお亡くなりになりますが、閉ざされた空間での犯行クローズド・サークル系のミステリーが好きな方にはおすすめな作品です。

西島大介さんのカバーイラストも  so cute!

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!